『零式艦上戦闘機21型』〜「ゼロ戦の秘密」より〜
f0110045_19144521.jpg
「ゼロ戦の秘密/PHP文庫」より、誌面では飛ばしてあった背景入りの絵です。
零戦の中で一番好きな機体なのですが、その理由はフルサイズ12メートルの主翼から来る伸びやかさだったり、ライトグレーの機体色の爽やかさだったりと様々です。機体色は諸説あるようなのですが、まあひとまず「白い零戦」が好きだなあと思ってしまう訳です。ただ直感的に感じるのは、スピード、旋回性、航続距離など様々な要求に対して高次元な回答を出した初期の形状というのは、やはり完成されているなという事。設計者の堀越技師はカウル下の気化器インテークすら不満だったという話ですが、その後の形状変更の長い変遷を思うと、結果的に初期の構想にかなり近い機体であろう事は間違いありません。最も、52型で排気管の形状を変更してエンジンを換えずに速度を増やしてしまうといった、日本人らしい奇策(苦肉の作?)も零戦の魅力の一つではありますね。
 ところで、今回の仕事を受けた時に、坂井三郎氏の「大空のサムライ」を読み返しました。もし読んだ事の無い方は、最後の「〜あとがきに代えて申し述べたき事〜」だけでも読んでみて下さい、きっと人生を豊かなものにしてくれると思います。
久々にこの本を読んで、「やっぱり21型は坂井機を描きたい」と思ったのですが、図鑑的要素も強いこの本に、使えないからと通信用アンテナをノコギリで切った(!)機体を載せるのもどうかと思い、考え直して真珠湾出撃時の機体にしました。参考にしたのはファインモールド製、空母瑞鶴艦載機です。やっぱりプラモデル?と笑われそうですが。。。
[PR]
by koike_terumasa | 2009-03-20 19:19 | 飛行機
<< 上手な嘘のつき方? 『シノハラプレシジョン』〜ザ・... >>