1.5発ジェット「SORA」
f0110045_0172173.jpg
東北大学流体科学研究所 小濱泰昭教授の提唱する次世代低燃費ジェット。1.5発ジェットとは低燃費ターボファンエンジン一基で飛行できる様設計した軽量、高効率ボディーに、フェイルセーフ用のサブエンジンを一基組み合わせた環境親和型の機体。"SORA"はその概念をベースに更に機体の空力性能を上げ、魅力的な国産ジェットに仕上げるべくスタイリングを試みたスタディー。環状翼は翼端からの誘導抵抗を効率良く低減できるだけでなく、形状として閉じている為高い剛性を持つ。その為今まで形状保持に必要だった補強材重量を軽減でき、更なる低燃費化を計る事ができる。
複合材技術を生かした高効率で自由な形状が、これからの航空機の主流となるだろう。
[PR]
by koike_terumasa | 2006-11-08 15:16 | 飛行機
<< 環境親和型エアタクシー「Kite」 foom >>