遊びじゃないんです
f0110045_1575696.jpg
前回の更新から半年経ってしまいました。気付くとすっかり季節も移ろい、年賀状のデザインはどうしようかなどと考える時期になってきました。
さて、今回は飛行機模型です。これは何かというと、仕事の資料なんです。遊びではないのです。(強調)
今、ある仕事で第二次大戦中の飛行機を沢山描いているのですが、資料の図面や写真だけ見ても面のつながりが理解出来なかったり、魅力的なアングルを探せなかったりで、結構悩ましいのです。そこで辿り着いたのが模型を眺めてアングルを決める、という方法。これだとわりと自由に転がせるので非常に便利、やっぱり立体は強いですね。シルエットだけ決める事ができれば、ディテールは描く段階で資料から持ってくる事ができるので、まあ食玩程度の模型があれば魅力的なアングルは探せる訳です。
で、早速模型店やスーパーなどに行ってみたのですが.....欲しい機体はほとんど売ってない、もしくは以前は出ていた、という現実。食玩業界は移り変わりが激しいみたいです。とりあえず色塗ってあるし、完成度も結構高そうだし、便利だと思ったんだけどなあ、残念。結局、1/72のプラモデルを素組みして国籍マークだけ貼って眺める日々、仕事とはいえ思い入れのある機体もある訳で、造り散らかすのも気が重いのですが、まあ仕方がないですね。
後でちゃんと造り直す、といってもシール貼っちゃったし、キャノピー接着しちゃったし、うーん勿体ない。。。
しかし思い出してみると、飛行機好きなわりにはプラモデル殆ど造ってないんですよね。小、中学校の頃造ったF-14、F-16くらいでしょうか。プロペラ機など皆無です。日本のエンジニアリング、という意味でゼロ戦やYS-11に興味を持ったのも結構最近です。
何にせよ、模型は造りたいから造るもので、必用に迫られて仕方なく造るものではないなーと実感した出来事でした。
[PR]
by koike_terumasa | 2008-12-01 02:47 | Nikki | 日記
<< 水上新交通システム スカイ・クロラ! >>