カテゴリ:絵画作品( 10 )
MITAKA-SPACE
f0110045_230013.jpg
遅ればせながら明けましておめでとうございます。2012年の年明けはギャラリーART POINT主催のNew Year Seleccion展に参加致しました。出品作品「MITAKA-SPACE」は多くの方からコメントを頂きました。ご来場頂いた方、コメントを下さった方、本当にありがとうございます。今後の創作の励みに致します。

昨年は沢山のお仕事を頂き、年間を通じて一番多くの絵を描いた年でもありました。
そんな一年を踏まえ、今年立てた目標は「描きたい絵を沢山描く」という事です。
仕事の絵というのは納期もあり要求も高いのでそれなりにスリリングなのですが、そんな合間を縫って、創作活動と自分の発表もキチンとこなして行こうという基本に立ち返った目標です。今回発表の絵も、実は6年も前に描いた大作用の下絵で、しかもその大作が未だ仕上がっていないといった自分を律する為の出展でした。反省、反省。

2012年が皆様にとっても実り多き年になりますよう、心からお祈り致します。
[PR]
by koike_terumasa | 2012-01-23 23:34 | 絵画作品
春ゆく
f0110045_20191139.jpg
久しぶりの仕事以外の絵です。以前から良く描いている、山全部が桜という絵。季節はずれですねー。
むせ返るほどの満開なのに、何故か少し寂しい。それは今日の盛りを知る事と、散り行く明日を知る事は同義だからでしょう。だからこそ、たった2週間ばかりの幻想を見せてあっという間に消え去ってしまうこの華に、我々日本人はどうしようもなく惹かれるのだと思います。先染めの期待と、満開の幻想と、そして来年への予感。
毎年感じるこの複雑な気持ちを、少しでも表現できたらと想い描きました。
[PR]
by koike_terumasa | 2011-07-15 20:33 | 絵画作品
Gekka
f0110045_23574514.jpg
見上げる月と満開の桜、降り注ぐ月の光と花吹雪。既に繰り返し描いているモチーフですが、構図を変えると自分の立っている位置や目線が変わるので、やはり新鮮に見えます。
リキテックス F8号
[PR]
by koike_terumasa | 2006-11-08 23:57 | 絵画作品
OPERA
f0110045_23591890.jpg
気が付くと同じモチーフの絵を沢山描いている事がありますが、この桜の絵も、心に引っかかる度に描いています。水、花、月それぞれが描き出す風景を、歌、オーケストラ、演劇のハーモニーに重ね合わせてタイトルを付けました。そもそも山一つ、全てが桜というその植生も、高度、気温によって徐々に開花してゆくはずの花が同時に満開を迎える事も、現実の世界ではありえない話です。自分が見てみたい風景、その中に立ってみたいと思う風景を描く事が常ですが、この桜の風景は、自分の中の桃源郷なのかもしれません。
リキテックス F30号
[PR]
by koike_terumasa | 2006-11-08 23:21 | 絵画作品
shizuku
f0110045_004090.jpg
月の氷、月の滴など、月には水にちなんだ言葉が数多くあります。月に水が無いなんて信じられない程、その光は瑞々しい輝きを放っています。空から降り注ぐ脈動を持った光に、ふと月の「強さ」を感じた事があります。間接光でしかない月の光が、自分の体に差し込んでくる感覚は、体調が悪い時などはちょっとヤラれてしまう、と思う程強烈なものがあります。
そんな事を思い出しながらこの絵を描いていたな...という事を思い出しました。
リキテックス M20号
[PR]
by koike_terumasa | 2006-11-08 21:47 | 絵画作品
mirror
f0110045_02644.jpg
学生の頃、仲間が集まるアトリエで絵を描いて帰宅する途中、家の近くの丘から見下ろすと、水が入って一面湖と化した水田に眩しい程の満月が映っていました。受験やテストに追われ、絵を描く目的すら失ってしまいそうな日々に、「いつかこれを描いてみたい」と小さな目標ができたような気がして、自然と心が澄んでいったのを覚えています。区画整理が進み、直線でぶっきらぼうな水田ですが、大切な故郷の風景です。
リキテックス F10号
[PR]
by koike_terumasa | 2006-11-08 19:42 | 絵画作品
Eternal
f0110045_033887.jpg
自然物のみで形造られた風景のように見える三本杉という現象も、それが自然に等間隔で根付くとなると、かなりの偶然が重なる必要があります。そこに人の意思の介在を感じた時、千年を越えて尚、我々に語りかけ続けるメッセージがこの世に存在するという事に、どうしようもなく惹かれます。それは大切な人や、後の世に向けて、永遠の時の流れに自分の想いを乗せる唯一の方法、タイムカプセルなのかもしれません。
リキテックス F10号
[PR]
by koike_terumasa | 2006-11-08 18:32 | 絵画作品
花・待・夜
f0110045_051139.jpg
98年作品。当時、インハウスのデザイン部で工業デザインという仕事をする傍ら、家で趣味として描いていた作品を初めて売り絵として扱って頂いた時の、DMを飾った作品です。 降り注いだ雪が、満開の桜とオーバーラップする、そんな空想を働かせつつ描きました。
リキテックス B2
[PR]
by koike_terumasa | 2006-11-08 17:48 | 絵画作品
SUN-SUN
f0110045_063821.jpg
桜の春から季節は巡り、新緑に包まれた山々をイメージして描きました。温かく、柔らかな光が燦々と降り注ぐ、そんなタイトルです。そういえば以前、好きだったCDのタイトルにも同じものがありました。やっぱり爽やかな曲ばかりでしたね。「ART BOX大賞」2年連続入選作。
リキテックス B3
[PR]
by koike_terumasa | 2006-11-08 17:31 | 絵画作品
foom
f0110045_091494.jpg
山が一面全て桜という風景。霞んだ月と霧に覆われた水面。私の絵の、大きな転機となった大切な作品です。「ART BOX大賞展」というコンペで入選させて頂きました。余談ですが本作品、今は友人宅に大切に飾られています。私もこの絵で杯を傾けたくなったらお邪魔しようと思っていますが....
リキテックス B3
[PR]
by koike_terumasa | 2006-11-06 20:01 | 絵画作品