<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
美雷 [Multirole fighter,Including Low altitude Attack and Intercept]
f0110045_16444810.jpg
Jウイング7月号(イカロス出版)より、F-3「MILAI」です。
次期主力戦闘機を自国開発したら?というスタディー。名前は「未来の飛行機だから...」というシャレですが、和風の語感だけでなくちゃんと意味のあるものが良いと思い英語表記も考えました。こういうの好きなんです(笑/JAXAのHALCAとか)。機体の説明は誌面に書いた通りなので、ここではもう少しデザイン寄りの話を。
 まず最初に、スタディーとはいえどこまでやるかですが、これは「次期」という縛りがあるので、出発点は防衛省の「心神」をベースに考えました。単座、双発、3次元スラストベクター、ステルス性能などが要求される内容です。まず全体のプロポーションですが、心神のエアインテークからファンブレードまで、この辺りはステルス性能の為だと思いますが、流路をねじ曲げた形状が前傾姿勢で中々カッコイイので踏襲しました。更に主翼面積を大型化、その際にもインテーク上面の衝撃波発生板、主翼、尾翼の角度を揃えてステルス性能に配慮しています。(本当のところは分かりませんが...)
機体制御技術も進歩している訳ですし、SFでお約束の尾翼が沢山というのは抵抗が増すだけなのでナシです。今回はスラストベクターが前提なのでむしろ尾翼は小さくしています。F-15の後継という事で双発ですが、実は単発で良いのではないか、という考えも非常に魅力的でした。当然双発なら相応の燃料も喰う訳ですし、そこは日本人らしくクレバーな飛行機を造ったほうが良いのでしょうね。F-2も単発ですし、機会があったらそちらのデザインも発表したいと思います。
 でも正直なところ、気持ちとしては色々と揉めた末にF-35導入されたら嫌だなーというのが一番大きかったです(笑)。もちろん専守防衛の日本で運用しても、間違いなく性能は一級品でしょう。ただロシアが売りまくったスホーイシリーズ飛んで来たらあの形でホントに勝てるのかなと心配になってしまうのは、モノの形を生業にしている者の悪い癖なのでしょうか?
F-3という機体、人それぞれに思うところはあるでしょう。自国開発という響きの中には驚くほどの困難が待ち受けているのも事実です。今回はまず話のネタに、という事で富士山を背景に大見得を切って描いてみましたが、将来の日本の空をどうするのか、何らかの問題提起になればと思っています。

因に、今回誌面用に引いた図面を切り抜いて紙飛行機にすると、驚くほど良く飛びます。戦闘機としてはこんなに安定していて良いの?と思ってしまう程ですが、まあ飛ばないよりは良いでしょう。 という事は、スラストベクターとフライバイライト技術はバランスを壊す為に必用、という事になるのかもしれません。
[PR]
by koike_terumasa | 2009-05-21 17:11 | 飛行機
隕石衝突之図(〜上手な嘘のつき方2〜)
f0110045_1703064.jpg
『天体観測☆100年絵辞典』(PHP研究所)より。前回に続いて宇宙絵です。図鑑には「恐竜を絶滅させた大衝突」というサブタイトル付きで掲載されました。なかなかにスケールの大きな絵なのですが、これだけ衝撃的で大規模な映像を、普段の我々は目にする事ができません。目にする時は絶滅する時なので当たり前といえば当たり前ですが...そんな訳で製作はやはり想像に頼るしかありません。実際見た訳ではないので、「本当にこう見えるの?」と言われれば「どうでしょう?」と答えるしか無い訳ですが、そこはある程度の科学的なバックグラウンドを持って描く事になる訳です。まず衝突で発生する衝撃波に乗って海が蒸発して行きますが、こういう現象は大規模なものでも驚くほど幾何学的に進んで行くものなので、ほぼ真円として描いてます。同じく本体廻りは光の屈折率が変わるので空気と水分が巻き上げられたあたりまで、球状に色味を変えて描いています。実際にはこの一瞬後には、海ではなく海底が波打ちながら地球の反対側まで進んで行くらしく、隕石本体はほぼ見えなくなります。良く目にする、隕石の軌跡のようなものは逆にスピード感がなくなるので描いていません。同じく大気圏突入時の高熱で赤っぽい表現も、実際には先端部はプラズマ化しているので赤どころではないハズですから、あまり色味を前面に出してはいません。この絵を描いた後に、映画「アルマゲドン」のパッケージをレンタルビデオ店で見て構図が似ているので驚いたのですが、(不勉強?)そっちには前述の、私がやらなかった表現が描かれていました(笑)。「恐ろしくも美しく」、という印象を目指したのですが仕上がりは如何でしょうか?
 望遠鏡の進化で、図鑑には驚くほど綺麗で正確な宇宙の写真が載るようになりましたが、「遥か遠く」、「遥か昔」、「遥か未来」の映像には、まだ絵描きの力と想像力が必用なのかなと、若干安心しているところです。
[PR]
by koike_terumasa | 2009-05-14 17:40 | 書籍
上手な嘘のつき方?
f0110045_108246.jpg
今回は久々の宇宙絵です。「天体観測☆100年絵辞典」(PHP研究所)より、エッジワースカイパーベルト天体の想像図です。カイパーベルト天体とは、太陽系の外縁、海王星軌道よりも外側にディスク状に存在する氷や岩石の総称です。探査機が遠くまで行っているとはいえ、なかなか宇宙の深淵のリアル画像は入手できないので、こういった想像図が重宝される訳です。ところでこの絵、天文に詳しい方などは「アレ、おかしいぞ?」と思う部分が幾つかあると思います。一つは密度。カイパーベルトやアステロイドベルト等の、小惑星『群』的なイメージのあるものは、実は人のモノサシで見るとかなりガラガラなのです。隣の天体まで何百キロも離れているのが普通なので、こんなに高密度では見えません。ただ、そういう天体のイメージ画を描く時に、流石に岩石一つ、という訳には行かないので、あえてこういう描き方をする訳です。NASAの発表しているイメージ図でも随分高密度で描かれているものが多いので、今のところそういう表現が主流のようです。もちろんそれよりは大分間引いているつもりですが。もう一つ、実際と違う点はスケール、大きさです。この位置から海王星、木星、土星の軌道が見えて、更に惑星自身も見えているというのは実際の軌道と惑星の比率から見てかなりオーバーな表現です。もしかすると軌道だけ描くのが親切なのかも知れません。これも悩ましいところなのですが、実際の模式図を見せて教科書のような宇宙を説明するのと、宇宙に興味を持ってもらう窓口として、まずは概念的に理解してもらう為にビジュアルを優先するのとは、どちらも大事な事です。実際はこのバランスが大切なので、太陽を中心とした軌道図などと併せて掲載する事が多いのですが、図鑑=オフィシャルな宇宙、という責任がある以上、やはり毎回悩みは出てくる訳です。
今回は変なタイトルでしたが、見る人にとって何が最良な情報なのか、という事は図鑑に限らず中々難しいですね。もちろん絵描きの立場からすると、キレイな宇宙が描けないとそれが一番のストレス、というのも事実なのですが(笑)
[PR]
by koike_terumasa | 2009-05-02 10:58 | 書籍