エアロトレイン(床下翼-1)
f0110045_0233930.jpg
翼だけで胴体の全重量を支える飛行機は翼の付け根を非常に頑丈に造る必要がある。これはエアロトレインも例外ではなく胴体中央に主翼の桁が通る可能性は高い。主翼桁をキャビンから床下へ逃がし、客室のスペースを最大限確保すると同時に、乗客の乗降時には主翼をプラッホーム下へ通す事のできるこういったスタディーは、実際の運用面に於いて未知の課題を抱えたエアロトレインにとって重要な検討要素となる。
(デザイン誌CAR STYLING 156.掲載作品)
[PR]
by koike_terumasa | 2006-11-08 17:09 | エアロトレイン
<< SUN-SUN エアロトレイン(通常型) >>